株式会社マキシマム・テクノロジー

MAXIMUM TECHNOLOGY 製品特徴

MAXIMUM TECHNOLOGY 製品特徴

1.低抵抗材料の製造技術

材料製造方法が他社と異なる液相法を用いている事で、均一な粒径と粒界を持つ製品が得られるため、世界トップクラスの低い抵抗値を発現しています。

PTC応用製品製造工程

PTC応用製品を製造する場合は

  1. <液相法>PTC材料粉の製造
  2. プレス
  3. 焼成
  4. 電極形成
  5. 各種組立
  6. 検査・出荷
という流れになります。

性能比較

弊社の液相法で製造したPTCサーミスタ応用製品の過電流保護用途での性能比較です。

材料
プロセス
製品特性
最小抵抗値 寸法 動作時間
弊社製品 液相法 低抵抗 :0.15Ω以下 小型 早い
他社製品 固相法 抵抗値大:0.30Ω以上 大型 遅い
形状比較 形状比較

2.低抵抗により小型化が可能

低抵抗により小型化が可能なため、自動車用に最適です。格納式ドアミラーの位置検出用では、弊社の優れた製造技術と品質保証に基づき、安定した製品を長年に渡り、自動車業界へ納入しています。

3.カスタム品の開発力

PTCの抵抗値・キュリー温度は材料が自社開発のため、お客様のご要望に応じ変更可能です。
社内で量産品までの一貫した製品設計、および製造技術を有しており、製品化までの迅速な対応が可能です。

材料関連の製造設備

ボールミル
ボールミル
スプレードライヤー
スプレードライヤー

※急激に抵抗値が増大する温度を「キュリー温度」と言います。