PTCサーミスタ・低抵抗セラミックPTC|マキシマム・テクノロジー

車載用・ドアミラー用の低抵抗PTCの製造・販売の事なら株式会社マキシマム・テクノロジーにお任せください。
技術情報

【1】PTCサーミスタについて

  

PTCサーミスタはチタン酸バリウム(BaTiO3)系セラミックスで、温度上昇に伴い、抵抗値がスイッチング温度で急激に増大する性質を持っており、組成でその温度は変更できます。

チタン酸バリウムの結晶構造

温度ー抵抗曲線グラフ

【2】当社材料の特徴

  

当社独自の製法の液相法によるナノパウダーを原料に用いることにより、均一な粒径と粒界をもつ焼結体が得られます。(他社は固相法)液相法により低抵抗のPTCサーミスタが作成可能です。

【3】当社PTCの適用例1「ドラミラー用PTC」

  

世界トップレベルの低抵抗により、製品の小型化と短い反応時間を実現しており、自動車用等に最適でドアミラー格納用センサー用途で、当社はシェアー80%を占めています。

大きさ及び動作時間の比較反応時間[秒]

大きさ及び動作時間の比較
  A社 B社 logo
抵抗値(Ω)  0.5  0.5  0.5
直径(mm) 14.0 13.5 10.0
厚さ(mm)  0.6  0.6  0.6

ドアミラー用セラミックPTCサーミスタ
Ceramic PTC Thermistor for Door-mirro

ドアミラー用セラミックPTCサーミスタCeramic PTC Thermistor for Door-mirro

トヨタや日産の自動車部品等で長年ご愛用いただいております。

トヨタ

日産

【4】当社PTCの適用例2「キャブヒーター&サーモスイッチ」

  

キャブレター内でガソリンが噴霧される際に、気化熱により本体が冷却され、空気中の水分が結氷することを防ぐPTC内臓のヒーターです。

サーモスイッチとは、外気温度を検知してキャブヒーターに通電を行うスイッチ回路です。

印刷用PDFはこちらです。

※もし上記PDFファイルをダウンロードし閲覧出来ない場合には無償の最新のAdobe Readerをダウンロードしてください。

無償のAdobe Reader